CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
きょうの猫村さん 1
きょうの猫村さん 1 (JUGEMレビュー »)
ほし よりこ
最近ちまたで話題の猫の家政婦猫村さん。
MOBILE
qrcode
<< 石垣旅行1日目 | main | 石垣旅行3日目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
石垣旅行2日目
2日目。今日はダイビングの日である。ちょっと緊張。すごく楽しみ。

8:30にダイビングショップの車が迎えに来てくれ、そのまま港へ行く。
実はFUNダイブ3本目なんです、と言ったらショップのお姉さんと250本のおじさんはちょっとびっくりしていた。

港着。すぐに乗船。すぐに港を出発。
そして鬼門のウエットスーツ着用。やっぱりきついなあ。やせたいなあ。
ウエットスーツをずりあげるのに握力のほとんどを消費。ひー。
ちなみにこの時点での面子は私、SZKさん(おじさん)、OGWさん(おじさん)の3人と、ショップのAYさん、Sさん、FJNさんである。

1本目。ポイントは竹富のトカキンの根。イソマグロのポイントらしい。
いきなり中・上級者ポイントである。そして潮もかなり流れている。ひー。
バックロールでエントリー。アンカーまで船のヘリ伝いに泳いで行き、そこで潜行という指示であったが、ブランクによる小パニックと潮、波が激しいのでアンカーに行くのに非常に苦労してしまった。何とか潜行。
海の中は、すごかったです。が、この一本目は余裕がなくて、細かい記憶がない・・・。うーもったいない。

一度港に戻り、到着ダイブ(TNKさん/おじさん)と体験ダイブ(ODGさん/女子大生)のメンバーをピックアップ。

2本目のポイント、黒島テラピーパート2に向かう。
竹富を過ぎたあたりからの海の色はもうため息しか出ない。メンバーみんな海に見入る。
感動。本当に来てよかった。奇跡みたいな色。んー。言葉になりません。写真でも伝わらないだろうなあ。
ショップの方も、こんな海の色はめったにないよ(後のログには「スーパーブルーの海」と表現されていた。)とのこと。
2本目はエントリーも問題なし!白地の砂に自分の影がクッキリと写る。透明度は25〜30mくらい?何処までも淡い水色の世界が広がっている。
くっついてないコバンザメを見たり、クマノミをいじめたり。・・・サイコー。
あと、ハナヒゲウツボという、蛍光ブルーに蛍光イエローのウツボが非常にきれいだった。


3本目、ポイントはキンメの根。ここも砂地にサンゴの根が点在する癒し系ポイント。
数百匹のスカシテンジクダイ(略してスカテンらしい)が一斉に方向を変えるのが圧巻。
オオコノハミノウミウシというわしゃわしゃした珍しいウミウシを観察したり、やオニダルマオコゼといういかついオコゼを冷やかしたり。

ボートの運転席の前ガラスのところにODGさんとAYさんと3人で座らせていただき、帰港。(車で言うと、ボンネットの上にしがみついている感じ・・・いいのか?ちなみに船の運転手は運転席の上の見張り台でリモコン運転)
気を抜くとボートから振り落とされるーって感じで3人でキャーキャー騒ぎながら帰る。
波がくると、大揺れ。お尻が浮いちゃうので実は結構怖かった。でも気持ちイイー!

ショップに帰ってログ付け。ホテルに帰って爆睡。いやーほんと楽しかったですよ。

→Blogランキング
| 旅行記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nin.jugem.cc/trackback/101
トラックバック